講師プロフィール

佐藤 恵梨(さとう えり)

宮崎県出身
広島大学教育学部卒業
中学校教諭(音楽科)5年、音楽教室講師を経て自宅教室を開講。7歳と3歳の姉妹の育児中
ヤマハ指導グレード5級
リトミック研究センター指導資格


母が自宅でピアノ教室をしていることもあり、物心がついたころから音楽のある環境で育ちました。
3歳からヤマハ音楽教室に通い、幼児科を経て ジュニア専門コースへ。仲間たちとアンサンブルしたり、伴奏づけや作曲を学ぶ。この頃の経験が間違いなく音楽人生のベースになっています。

個人の教室に移り、コンクールに挑戦したり、デュオの練習に励む日々。小さな頃から体も手も小さく、お世辞にも練習熱心な子供ではなかったので、先生や母の手を焼かせたこともたくさんありました。
でも、悲しい気持ち、悔しいことがあったとき、それをピアノにぶつけていました。音楽は心に寄り添ってくれ、いつのまにか癒されていたのです。

中学時代は吹奏楽部でフルートに挑戦
顧問の先生の熱心な指導のおかげで九州大会へも出場。この頃から、将来はどんな形でもいいから音楽に関わって生きていきたい、そう思うようになりました。

大学では、4人8手連弾や、管楽器とのカルテット、伴奏などを経験して仲間と音楽を追求することの楽しさを知った4年間。

卒業後は宮崎市で1年、福山市で4年間中学校の音楽科教諭として勤務。
生徒たちとは、教科書にある曲だけではなく、好きな歌を自由に歌うのが大好きでした。

この頃に子どもたちと過ごして強く感じたことは、音楽は人間の感情そのもの、音楽を楽しむ心は人生を必ず豊かにする、ということです。聴くだけでも楽しい、仲間と歌えたら楽しい、そして自分で弾けたらより楽しい!

ピアノを演奏をすることは

楽譜に書かれている沢山の表示を瞬時に読み込んでいかねばならなくて、

パッと初見で、すらすらと弾くということは、そう簡単にはいきません。弾けない場所を日頃練習して積み重ねていかないと曲が弾けるようにはなりません。

でも、出来なかったことが出来るようになった時の「達成感」や、音楽を自分の身体で作り出すことが出来る喜びは、とても価値のあることです。


そういう過程は

自分に自信をもつ力を伸ばし

自己表現の出来る人間に育ち

人とのコミュニケーションをぶことができる
そう思います。


そういったことを培える

教室でありたいと思ってレッスンをしています。